ハクビシン

ハクビシン

近年、ハクビシンによる屋根裏への侵入が深刻な問題になっています。
民家の屋根裏に住みつくことにより、糞や尿などを排泄し、騒音までも巻き起こします。
早急な対策が必要になってきました。

【施工の流れについて】

① 調査… 糞の状況、動線、侵入口などを徹底的に調査します。
② 鳥獣捕獲許可申請… 捕獲許可が必要です。捕獲する市町村の許可申請を代行します。
③ 檻の設置… 天井裏などに好物の餌を仕掛けた檻を設置します。
④ 点検・餌の交換… 設置後、7~10日後に点検及び餌の交換にお伺いします。
⑤ 捕獲… 捕獲した場合は直ちにご連絡いただければ、深夜でも早急にお伺いします。
⑥ 回収・処分… 捕獲した個体は責任をもって、安楽死(炭酸ガス)させ処分します。
※ 設置期間は原則的に1ヶ月とします。
※ 複数の個体が生息している場合がある為、設置期間中に③~⑥を繰り返します。

【その他付帯工事について】

①侵入口の閉塞(封鎖)
②糞清掃
③消毒(殺菌・消臭・ダニ及びノミ等の衛生害虫)

 


Comments are closed